ホームアイコン top > 導入事例一覧 > ひがしやまフードサービス様

株式会社 ひがしやまフードサービス様

お客さまの概要

データDATA

ひがしやまフードサービス様は、宮城県を拠点に外食事業を展開。現在、仙台市内に8店舗、福岡県福岡市内に2店舗の10店舗体制で営業しています。

『ありがとうと言われる為に』の企業理念の下、地域の皆様に愛される店造りを続けてこられました。
人気の牛タンは、楽天市場や百貨店の催事会場を通して全国的にも販売されるなど大好評。
これからもお客様のニーズにお応えできるよう、様々なジャンルの飲食店の展開を検討しておられます。

  • 株式会社 ひがしやまフードサービス:http://www.4129.net/
  • 所在地:
    〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町5-13-27
  • 拠点数:10拠点
  • 従業員数:250名

導入の経緯

導入の経緯

以前は他社製の勤怠システムをご利用でしたが、使い勝手に不満を感じることも多く、作業効率の低下に悩んでこられました。
従来は磁気式のIDカードを利用したもので、本社でのみカード発行が可能なシステムであったため、従業員の手元にカードが届くまでに空白期間を生じていました。社員が入社された際やIDカード交換の折など、カードが手元に無い期間中は、給与の未払いなど不都合が生じることも多かったそうです。
また、磁気カードは耐久性の面から再利用が難しい点や、カードの磁気が飛びやすく頻繁に再発行が必要になることもあり、ランニングコストが高めにつくことや、メーカー都合のシステムバージョンアップ時にも、都度高額な費用が発生することに不満を感じておいででした。

弊社システム導入のポイント

  • 従業員所有の携帯電話などで打刻ができること。
  • インターフェースが使いやすかったこと。
  • 勤務体系が多く設定可能なこと。
  • 帳票出力が豊富にあること。
  • モデムではなく、LANで接続可能なこと。
  • 給与ソフトに縛られずに運用可能なこと。(将来給与ソフトを変更したとしても連動できる)

導入前・導入後のシステム構成

導入前のシステム構成

  • 磁気式IDカードを利用。IDカードは本社でしか発行できなかった。
  • IDカードをカードラックに置いて運用していたため「なりすまし」がおこっていた。
  • 電話回線を利用してデータの集計を行っていたため、転送に時間がかかり、リアルタイム性に欠けていた。

導入後のシステム構成

お客さまの声:運用と今後の展望

従来は、磁気カードタイプのタイムレコーダーで打刻した勤怠データを電話回線を利用して本社に送信し、本社で集計を行い給与計算ソフトにデータを入力しておりました。
磁気IDカードは本社でのみ発行可能であったため、登録作業に人手を割く必要がありました。
また、各店舗では磁気カードをカードラックに置いて他の従業員の手の届く場所で管理していたため、なりすましが問題になることがありました。
現在は、各店舗で従業員個人の携帯電話を登録し、IDカードとして利用することができるようになったため、本社におけるIDカード発行の煩わしさからも解放され、また、なりすましの問題もおこらなくなりました。

クロノスには、まだ当社では利用していない便利な機能があると聞いておりますので、これから必要に応じて、活躍の幅が広がっていくものと期待しています。
例えば、「快決!シフト君」などのソフトを導入して、店舗で作成するタイムシフトをクロノスに取り込んだり、「Zaion」を導入して、現在紙ベースで行っている勤怠申請を電子化してクロノスに連動するといったことを視野に入れて、現在検討をすすめております。

このページの先頭へ