ホームアイコン top > 製品紹介 > テレタイムクラウド > スマートテレタイム
テレタイムクラウドイメージ

スマートテレタイム

オフィス外で働く社員に

個人/社員のスマート端末をタイムレコーダーに!
GPSの位置情報で出退勤場所の正当性を証明!

  • Android/iPhone/タブレットに対応!*1
  • 各種回線が不要!

*1対応OS:AndroidAndroid4.1~6.0、iOSiOS8、iOS9、iOS10

Android、Google Play、Google Play ロゴは Google Inc の商標です

Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

製品の特長

設定で選べる2デザイン

通常の「青色デザイン」のほか、「桜色のデザイン」を選択してお使いいただくことができます。

打刻一覧機能

自分が打刻した過去のデータをタイムカード形式で確認。打刻漏れや打刻ミスを自分でチェックできます。

拠点位置登録機能(場所別集計)*2

「就業管理クロノス」側に拠点位置を登録することで、スマートテレタイムで打刻した「位置情報」と「拠点位置」を比較し、打刻の正当性を判断することができます。もし打刻の「位置情報」が、「拠点位置」から外れていた場合、地図を参照して、実際にはどの場所で打刻されたのか確認することができます。また、本機能を使うことにより、工事現場や派遣先など実際にはタイムレコーダーを設置できないような場所に「就業管理クロノス」側で「仮想拠点」を設定し、その場所へ正しく出勤したかどうかを判断の上「場所別時間集計」をすることができます。

*2場所別集計には、就業管理クロノスの「場所別管理オプション」が必要です。


位置情報はスマートフォーン本体からの取得となりますので精度は本体の性能に依存します。

移動直後の打刻の場合、位置情報の反映までに時間がかかり、実際の打刻位置より数百メートル程度ずれる可能性があります。

電波の届きにくい建物や地下では正確な位置情報が取得できない場合があります。

位置情報では高さの判断はできませんので、同一ビルの異なる階(例:1階と10階)であっても同じ場所として認識されます。

このページの先頭へ