ホームアイコン top > 製品紹介 > テレタイムクラウド > 対応タイムレコーダー
テレタイムクラウドイメージ

テレタイムクラウド 対応タイムレコーダー

オフィスに簡単設置!テレタイムeクラウド

必要なのはインターネット接続環境だけ。
オフィスに簡単設置できる、タイムレコーダー製品です。

  • 専用回線の無い環境でもご検討いただけます!
  • VPNルーターや回線切替え装置は不要です!
  • インフラコストの削減効果が期待できます!
  • 無線LANにも対応!(テレタイムCは未対応)

製品の特長

手動通信機能

手動通信機能イメージ

打刻データの通信は、自動通信機能による場合のほか、緊急を要する場合については、手動で打刻データをテレタイムクラウドセンターへ送信することができます。

毎時1回データ送信

毎時1回データ送信イメージ

テレタイムからクラウドセンターへのデータ送信は毎時1回行います。(深夜のサーバー停止時間2時間を除く)

機器を最新バージョンに

機器を最新状態にイメージ

テレタイムクラウドセンターに常に最新のアプリケーションを格納。簡単な設定操作でタイムレコーダーのアプリを最新の状態に保つことができます。各拠点のタイムレコーダーのバージョンを一覧で確認する機能もサポート。管理業務を簡略化できます。

タイムレコーダー機器について

テレタイムeとの相違点イメージ

テレタイムクラウド対応タイムレコーダー製品は、「就業管理システム クロノス」と直接通信することはできません。(必ずテレタイムクラウドを通しての通信となります)
その他、製品の機能につきましてはテレタイムZテレタイムeZならびにテレタイムCをご参照ください。

テレタイムの各種機能は、「就業管理システム クロノス」との連動により実行できます。

各種専用カードは当社推奨品以外、ご利用いただけません。

ニーズに応じて選べるラインアップ

コンタクトレスで読み取りOK

テレタイムZ-Fクラウドイメージ

テレタイムZ-Fクラウド

IDカードをかざすだけで出退勤情報を記録。本体に直接触れる必要がないので、手に若干の水や油、汚れなどをともなう作業場での利用もスムーズ。磁力などの影響で、磁気カードが使えない環境にも最適です。

従来型のカードで経費削減

テレタイムZ-Mクラウドイメージ

テレタイムZ-Mクラウド

経済性に優れた磁気カードを利用。カードのコストも低くおさえられるので、大人数で利用する場合や、また従業員の入れ替わりが頻繁な場合などに特に威力を発揮。

幅広いカードを広範にカバー

テレタイムZ-FMクラウドイメージ

テレタイムZ-FMクラウド

ICカード・磁気カード双方のIDカードに対応するハイブリッドタイプ。カードの種類が混在する環境での利用はもちろん、将来的に、IDカードのICカード化を視野に入れた運用を検討されている場合にもおすすめです。

ちょうどいいサイズと機能

テレタイムeZクラウドイメージ

テレタイムeZクラウド

テレタイムZほどの機能は必要ないというユーザーのためのエントリーモデル。

シンプルを極めた丸いタイムレコーダー

テレタイムCクラウドイメージ

テレタイムCクラウド

コストパフォーマンスを重視し、必要な機能のみに磨きをかけた新製品。

このページの先頭へ