ホームアイコン top > 製品紹介 > テレタイムZシリーズ > 特長
テレタイムZイメージ 周辺機器・オプションはこちら

製品の特長

テレタイムZシリーズの特長

業界初!タイムレコーダーにサーバー機能を搭載!

テレタイムZにIPアドレスでアクセスしたPCから、打刻忘れ、有休届け等の申請/承認をすることができます。
サーバー機の用意は不要。テレタイムZ単体ですぐに利用できます。(小規模の事務所で特に役立ちます)

申請範囲はテレタイムZの運用設定に依存します。

出勤退勤時等、打刻が多い時間はアクセスを控えてください。タイムレコーダー本体の動作が遅くなります。

同時接続数は5クライアントまでです。

Zaion'nexを利用される方は、Zaion'nex weeはご利用になれません。

さまざまな非接触ICカードに対応(テレタイムZ-Mを除く)

利用できるICカードは、FeliCa、ISO14443 TypeAの2種類。
多彩なカードでの運用が可能です。

上記サービスで使用されているカードのすべてが、テレタイムZでの動作保証をするものではありません。

スマートフォンでは、複数の異なるカードのICチップが内蔵されていますので、本システムでの使用はできません。

最大登録人数は5,000名です。

FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。FeliCaはソニー株式会社の登録商標です。「taspo」は社団法人日本たばこ協会の登録商標です。「Mifare」はNXPセミコンダクターズの登録商標です。

テレタイムXで利用可能だったISO15693タイプの非接触カードは利用できません。

Suica・ICOCA利用可能

テレタイムシリーズは、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)並びに西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)より、テレタイムシリーズでの「Suica」・「ICOCA」の利用について利用承認を受けています。
(JR東日本Suica利用承認第66号)

ご利用のIDカードが「Suica」または「ICOCA」であっても、JR東日本やJR西日本が本製品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。

「Suica」カードはJR東日本の都合により、「ICOCA」カードはJR西日本の都合により、予告なく交換されることがあります。

「Suica」はJR東日本の登録商標です。「ICOCA」はJR西日本の登録商標です。

指静脈認証で確実・スムーズにデータを収集(テレタイムZ-Ubのみ)

テレタイムZ-Ubには、信頼性の高い指静脈認証システムを採用。指紋認証にくらべ、指先の状態などを問わず、正確かつすみやかなデータの収集を実現します。(指静脈認証の詳しい性能は「仕様表」ページをご参照ください。)

このページの先頭へ