ホームアイコン top > 製品紹介 > 就業管理クロノス > 仕様表
就業管理クロノスイメージ

製品仕様

主なソフトウェア機能

通信処理 勤務データの収集、ダウンロード (氏名・勤務区分・届出・個人の集計データ)、時刻合せ、自動通信機能
勤務集計処理 日ごとの確認・修正、個人ごとの確認・修正、エラーデータ処理、集計処理、週40時間管理、月変形労働時間集計
勤務表の出力 勤務エラー表、勤務日報、勤務個人表、届出集計表、勤務集計表(月)、ランキング表、総計表、出欠一覧表、日報(予定・実績チャート)、個人表(予定・実績チャート)
その他の機能 有休管理(パート有休対応)、複数月の集計(1~36か月)
連動可能な 給与ソフトメーカー*1 ピー・シー・エー(株)、応研(株)、(株)ミロク情報サービス*2、弥生(株)、(株)オービックビジネスコンサルタント、(株)OSK、NDソフトウェア(株)

*1給与ソフト側で勤怠データの受け入れが可能であれば、別途受入フォーマットは作成可能です(別途費用)。

*2別途給与側に連動ソフトが必要な場合があります。

処理スペック(標準)

データ名 件数 データ名 件数
個人データ 3,000 社員コード 英数4~9桁
所属 *1 起動者 無制限
職種 1,000 ユーザー計算式 100
役職 1,000 時間項目 313
カレンダー区分 100 接続先 タイムレコーダー 1,000
勤務区分 1,000 弁当 80
休憩 10 勤務処理画面 20×5
事由 999 勤務表の設定 1,000
締め日 2 端数処理登録 100×2*2

*1所属は1~27桁の範囲で最大9階層まで設けられますので、桁数と階層の組合わせで最大件数は異なります。

*2端数処理は勤務処理と月集計処理で各100件です。

動作環境

スタンドアロン
OS Microsoft® Windows® 10 Pro(32/64ビット対応)*1
Microsoft® Windows® 8.1 Pro/Enterprise(32/64ビット対応)RTは除く*2
Microsoft® Windows® 7 Professional/Enterprise/Ultimate SP1以降(32/64ビット対応)
CPU Intel® Pentium® 4 以上必要 CoreTM2 Duo 以上を推奨
(または同等の互換プロセッサーを搭載したコンピュータ)
メモリ 2GB以上
ディスク容量 本システム200MB、データ(100人)1か月/10MB
システムドライブ(OSがインストールされているドライブ)に 500MB 以上の空き容量が必要
その他に Microsoft® SQL Server® 2012 Express で約1GB必要
システムドライブに30GB以上の空き容量を推奨
データベース Microsoft® SQL Server® 2016/2014/2012/2008 R2/2008 Express Edition
プリンタ 上記OSに対応したプリンタ
モデム 56Kbpsの国際標準規格ITU-T V.90に対応したモデムをご使用ください。
ネットワークサーバ
OS Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 SP1以降*3
Microsoft® Windows Server® 2008 SP2以降(32/64ビット対応)
CPU Windows Server 2012:2.0 GHz 以上の Xeon® プロセッサを推奨
Windows Server 2008 R2以前:Intel® Pentium® 4 以上必要 Xeon® 以上を推奨
メモリ 4GB以上
ディスク容量 本システム200MB、データ(100人)1か月/10MB
システムドライブ(OSがインストールされているドライブ)に 3GB 以上の空き容量が必要
システムドライブに30GB以上の空き容量を推奨
データベース Microsoft® SQL Server® 2016/2014/2012/2008 R2/2008
Microsoft® SQL Server® 2016/2014/2012/2008 R2/2008 Express Edition
クライアント
OS Microsoft® Windows® 10 Pro(32/64ビット対応)*1
Microsoft® Windows® 8.1 Pro/Enterprise(32/64ビット対応)RTは除く*2
Microsoft® Windows® 7 Professional/Enterprise/Ultimate(32/64ビット対応)
CPU Intel® Pentium® 4 以上必要 CoreTM2 Duo 以上を推奨(または同等の互換プロセッサーを搭載したコンピュータ)
メモリ 2GB以上
ディスク容量 本システム100MB
システムドライブ(OSがインストールされているドライブ)に 500MB 以上の空き容量が必要
システムドライブに3GB以上の空き容量を推奨

*1Windows10でサポートされるMicrosoft SQL ServerはMicrosoft SQL Server 2012 Service Pack 2 以降となります。
既存のOSからのバージョンアップでWindows10にされる場合は、必ずクロノスのバックアップを行ってから実行してください。データベースが消失する可能性があります。(詳細はこちら
「モデム」についてはメーカーのサイトからドライバーのダウンロードが必要となります。

*2Windows 8をご利用のお客様はWindows 8.1以上にバージョンアップしてご利用ください。

*3Microsoft SQL Server 2012をセットアップするには、SP1以降が必要です。

サーバーにアクセスするためには、ユーザーCALかデバイスCALの購入が必要になります。

ターミナルサービスでサーバーにアクセスするためには、TSCALが必要になります。

必要メモリ・必要ハードディスク容量は、ハードウェア環境・ソフトウェア環境・ネットワーク環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。

64ビットのIA64には対応していません。

64ビットOSではハードウェア環境によってはプリンタ、モデムなどの周辺機器が動作しないものもありますのでご注意ください。

アップグレード(上書きインストール)したOSでの動作保証は致しません。

OSとSQL Serverの対応については、動作を確認済ですが、SQL Server のバージョンにより、OSのサービスパック等が必要な場合があります。詳しくはMicrosoft社のHPで必要なシステム要件を確認してください。

Windows8.1、Windows Server 2012をお使いのお客様はインストール時、インターネットへ接続できる環境が必要になります。

Microsoft社のサポート保証期間が終了しているOSについては正常に動作しない可能性がありますので、保証期間の終了していないOSでの運用をお勧めします。

このページの先頭へ