ホームアイコン top > サポート > よくあるご質問:就業管理クロノス

よくあるご質問【就業管理クロノス】

ご質問と回答

勤務日数を実労働した日数にしたい
有休を勤務日数に含めたくない

[マスター登録]-[月集計区分]-[月集計区分の登録]で、勤務日数の定義の計算変数を労働日数に変更します。
有給を勤務日数に含めない場合は、処理項目で有休日数を除くを選択してください。

勤務日数の定義は下記のとおりです。

  • 所定日数:時間項目「004:所定勤務」時間に値がある日数を勤務日数とする。
  • 労働日数:時間項目「205:労働」に値がある日数を勤務日数とする。
  • そのまま:「計算変数」で選択した日数を勤務日数とする
  • 有休日数を加える:勤務日数+有休日数を勤務日数とする
    有休を使用した日が「所定勤務」時間に加算してない場合は、有休の日数を計算変数に加算する
  • 有休日数を除く:勤務日数-有休日数を勤務日数とする
    有休を使用した日が「所定勤務」時間に加算してある場合は、計算変数から有休日数を減算する
  • 休みを除く:「休み」の扱いでかつ「所定勤務」時間に加算してある場合は、その日数を出勤日数から減算して勤務日数とする
前のページに戻る

このページの先頭へ